たつやの株主優待&配当金・分配金で まったりライフ!

株主優待をまったり楽しんでいます ☆。.:*:・'゜★

ブログランキング参加  クリックお願いします! ⇒   ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村     人気ブログランキング

映画「デュアル」クローンとの戦いを描くSFスリラー/東京テアトル株主優待

映画「デュアル」クローンとの戦いを描くSFスリラー/東京テアトル株主優待

2022年10月16日 日曜日

星3つ ★★★     2022年 株主優待鑑賞51本目

 

あらすじ

平凡な毎日を過ごすサラ(カレン・ギラン)だったが、ある日突然悲劇が訪れる
密かに体を蝕んでいた病魔により、余命が残り僅か
茫然自失となるサラに、医師から「リプレイスメント(継承者:クローン)」のカタログが手渡される
それは、間もなく死を迎える者が、遺族を癒すために自らのクローンを作り出すというプログラム
サラは「リプレイスメント」を決断し、残された時間をクローンとの引継ぎに充てる
目の前で恋人のピーターや母と親しくなっていくクローンの姿に寂しさを覚える中、サラの病が奇跡的に完治したという知らせが入る
ところが、本人とクローンは同時に存在することが許されず、クローンも生きることを主張し、決闘して勝った方が生き残る運命に
ここから、サラは生き残るためにクローンと戦う決意をするが、、、

 

感想

クローンが製造されるまでの過程が余りにもお粗末だし、全体としてB級映画っぽい創り

途中ではクローンと戦う準備をする主人公サラの姿を中心に描くが、ストーリーはテンポよく進むので退屈はしない

時間も100分程度と短くコンパクトに纏まり、展開がどうなるのかと期待を抱かせる

パンフレットや予告編を観ると、最後に決闘して勝敗が決まるようなイメージだが、ラストは予期せぬ結末に

相方は、途中の展開から戦わずに終わるんじゃないかと予測していたと話していたが、結末では本人かクローンのどちらが生き残ったのか、当方には判別できなかった、、

ラストが詰まらなかった訳ではなく、それまでの伏線を考慮しても最後に本人かクローンが泣いて終わる意味が汲み取れなくて、結局どっちが生き残ったのか、、

今までにも多数観てきた映画の中に、ラストで結局何だったのか意味不明なものは多数あるが、この映画はラストで戦わずに一方が生き残るという極めて明快な結末

表面的ストーリーでは、クローンが生き残って本人だと主張していることになっているが、色々と考えてみると本人なのかクローンなのかどっちが生き残ったのか、両方の推測ができるが、本当はどっちだったのか、、理解できなかった当方は、相当感覚が鈍い??、、、

 

f:id:tatsuya-kabuyu:20221016211540j:image
f:id:tatsuya-kabuyu:20221016211533j:image

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

プライバシーポリシー & お問い合わせ